• 2014.12.17
  • 日付と時間はGETTIME はコメントを受け付けていません。

日付と時間はGETTIME

日付と時間はGETTIMEで得られます。数値と文字型で指定できます。

G_TIME_YY は数値

G_TIME_YY は文字

12月15日に

x = G_TIME_MM + G_TIME_DD

とするとXは27

x = G_TIME_MM2 + G_TIME_DD2

とすると xは 1215

分の指定がMMではなくNNなので注意

結果

No-110

// 日付、時間の取得(時間変数に時間を設定する)
戻値 = GETTIME( [±n日, 基準日] )
引数
±n日: nを指定すると当日もしくは基準日からプラスマイナス n日とする、小数点以下は時間(デフォルト=0)
基準日: 指定された日付を基に日付を設定する (デフォルト=当日)
(”YYYYMMDD” or “YYYY/MM/DD” or “YYYY-MM-DD” or “YYYYMMDDHHNNSS” or “YYYY/MM/DD HH:NN:SS”)
戻値
2000年1月1日からの秒数を返す

値がセットされる特殊変数
G_TIME_YY    // 年
G_TIME_MM    // 月
G_TIME_DD    // 日
G_TIME_HH    // 時
G_TIME_NN    // 分
G_TIME_SS    // 秒
G_TIME_ZZ    // ミリ秒
G_TIME_WW    // 曜日 (0:日曜….6:土曜)
G_TIME_YY2   // 年をxxの文字型
G_TIME_MM2    // 月をxxの文字型
G_TIME_DD2   // 日をxxの文字型
G_TIME_HH2   // 時をxxの文字型
G_TIME_NN2   // 分をxxの文字型
G_TIME_SS2   // 秒をxxの文字型
G_TIME_ZZ2   // ミリ秒をxxxの文字型
G_TIME_YY4   // 年をxxxxの文字型

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る