• 2014.12.5
  • 音を鳴らすにはSOUND はコメントを受け付けていません。

音を鳴らすにはSOUND

BEEP音は

SOUND(“BEEP”)

ファイルを鳴らすには

SOUND(“oto.wav”, TRUE)

TRUEが無いと、音が鳴りだす前に終了してしまいます。

wav、mp3ファイルが再生OKですので、これだけで不自由しないと思います。

asfファイルはOK、asxはダメでした。環境によるかもしれません。

音楽ファイル拡張子一覧

スクリプト関数// サウンドの再生
SOUND( ファイル名, [同期フラグ] )
引数
ファイル名: 再生ファイル名 (WAV, MID, AVI等、 ’BEEP’ 指定にてBEEP音)
もしくはサウンドにて割り当てられたイベント名(’LowBatteryAlarm’, ‘MailBeep’, ‘SystemAsterisk’等)
(ファイル名を省略すると再生をストップ)
同期フラグ:
FALSE: 待たない (デフォルト)
TRUE: 終了を待つ

※ ‘BEEP’指定時:32bitOSではPC内部スピーカだが、64bitOSでは通常のサウンド出力

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る