• 2014.12.11
  • IEで自動ログインにIESETDATAを使う はコメントを受け付けていません。

IEで自動ログインにIESETDATAを使う

IDとパスワードを設定して、ログインボタンを押す操作

1行目:IEの起動

2行目:IEの表示

3行目:指定のURLを開く

5行目から7行目:URLの表示を待つ

9行目:xxxxxの部分をIDに。このサイトではIDが”user”になっている <input type=”text” name=”user” id=”body” size=”24″ maxlength=”128″ style=”width:180px;”>

10行目:xxxxxの部分をパスワードに。このサイトではパスワードが”password”になっている<input type=”password” name=”password” size=”24″ maxlength=”128″ style=”width:180px;”>

11行目:このサイトでは、ログインが”ログイン”になっている <input type=”image” src=”html/common/v/images/login_b.jpg” alt=”ログイン” value=”ログイン” />

 

// Web上(IE)に値を設定
戻値 = IESETDATA( IE, 値, Name, [Value, 番号] )
引数
IE: IEオブジェクト
値: 設定する値
Name: 値取得するエレメントのName
もしくはタグ名を記述: ”TAG=タグ名”
Value: ラジオボタン等で Nameが共通の場合に Valueを指定する
Nameにてタグ名が指定された場合は、そのタグにての順番を指定
番号: Name, Value が同じ場合に順番指定
戻値
TRUE:正常、 FALSE:処理不能

※ 第三引数にタグ名が指定された場合、第四引数には数字(順番)以外では “ID=xxx”、”innerHTML=xxx”、”innerText=xxx” の指定が可
※ 第三引数に”TAG=IMG”が指定された場合には、第四引数には画像のパスの指定が可

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る